グリコx With you Japan「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2021 FINAL」レポート

TAKUMA KIDS KART CHALLENGE

2021/11/18 10:35

Follow

日時:2021年11月13・14日

場所:ツインリンクもてぎ内モビパーク


レーシングドライバー佐藤琢磨が主宰の「グリコ x with you Japan TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2021 FINAL」が111314日、栃木県茂木町のツインリンクもてぎのモビパークで開催。昨年はコロナ禍のためリモート開催となり、今年は2年ぶりのカートコースでの開催になった。



初日は昨年選抜されながらサーキットに来られなかった子供たちのリベンジマッチとし、二日目は今年選抜された子供たちのファイナル大会とされ、両日ともカートをドライブする子供たちの笑顔が溢れた。

今回の開催にあたりツインリンクもてぎの協力のもと、消毒とマスク、そしてソーシャルディスタンスを考慮して感染対策を行なった上での開催となった。

 


■コロナ禍を乗り越えてリベンジマッチを開催


“TAKUMA KIDS KART CHALLENGE” は「モータースポーツの楽しさを通じて、東日本大震災の復興地を応援しよう」と、カートを通じて全国の子どもたちが触れ合うことを目的に2014年にスタート。8年目を迎えた今年は、カート初心者からレース経験(レーシングカートでレース大会に出場経験のある方の参加は除く)のある小学生を対象として、北海道から沖縄まで全国27サーキットで延べ787の参加人数を集め、4,371回のタイムトライアルを実施。ファイナルには、各サーキットのトライアルで選出された94名の小学生が出走した。また昨年度は大会がリモート開催となったため、選抜されながら会場に来られなかった子供たちのためにチャンスを与え、希望する14名の子供たちが前日のリベンジマッチに参加した。


 

舞台となったのはツインリンクもてぎモビパーク内のカートコース。初日のリベンジマッチでは佐藤と子供たちが一緒にコースウォークをし、ポイントごとに走り方を説明。その後練習走行とタイムトライアルに進んだ。初めてコースを走る子供も、周回を重ねるたびにタイムを上げていった。

5分間の練習走行、5分間のタイムトライアルの後予選を行い、リベンジマッチのファイナルレースが行われ、5周のレースの結果、G-7土山サーキットから来た中村隼都君がポールトゥフィニッシュで優勝した。

 

 


■ファイナル大会は熱いバトルが! 

 

今年選抜された子供たちは、前日のリベンジマッチの後にコースで練習する機会があり、熱心にコース習熟に励んでいた。今年度は小学1年生から6年生の体格差を考慮して、体重計測も実施。体重差によりマシンにハンディが生じないようにスタッフが厳密に調整した。またコースレイアウトも佐藤とTKKCの卒業生、濱邊誠己選手が試走して子供たちがブレーキング、コーナリングを学べるように若干のレイアウトの変更を施した。



94名の子供たちはAからNまでの7名ずつ14グループに分けられ、5分間の練習走行を開始。その後さらに5分間のタイムトライアルにのぞんだ。そのタイム結果で再度予選ヒートの組分けを行って、14グループで予選ヒートのレースを行うことに。そこで各グループの上位3名、21名が決勝ヒートに進むことになった。




決勝ヒートともなるとさらにレベルの高いレースが展開されて、コースの随所で抜きつ抜かれつの熱いバトルが展開される。時には接触やスピンもあり、決勝に進めず悔し涙を流す子供も。また向上心の旺盛な子供たちは、積極的に佐藤の元を訪れ質問をして指導を仰いでいた。




決勝ヒート4レースの中から、さらに上位3名ずつ計12名と1名の再チャレンジのドライバーを合わせて計13名で行われた決勝ファイナルのレース。

日も傾く中でスタートし、決勝ヒートをトップで勝ち上がった小学校4年の黄 海仁(ファン・ヘイン)君がポールポジションから好スタートで1コーナーに進入。徐々に後続を離してレースをリード。2番手争いは末友秀麿君と、北村有志君の間で激しいバトルとなり場内を沸かした。




8周のファイナルレースを黄君は危なげない走りで逃げ切り、独走優勝した。黄君は「ポールポジションから優勝出来てうれしかった」と素直に喜びを表現した。





 

ファイナルレース終了後は、佐藤がレーシングカートでグリコワゴンとのデモ走行の後にコース上でパフォーマンスを披露。レーシングカートの速さに子供たちは拍手しながら歓喜していた。


 

最後の表彰式ではファイナルレース上位10名がアカデミーに進出しグリコのセレクションがプレゼント、また各レーストップ3にはメダルが授与された。また出場した子供たちにはグリコワゴンからお菓子が手渡された。





佐藤は二日間の総評として「まず今年はグリコさんや多くの関係者のご協力と、父兄の皆さんのご理解で無事に開催出来たことに感謝したいと思います。子どもたちもコロナで大変だった中、全国のカートコースで何度もタイムトライアルをして、ここに集まってくれてうれしく思います。この二日間で走るたびに上手になって行くのがわかるし、ファイナルまで熱い走りを見せてくれました。アカデミーに行く子どもたちにはさらにチャンスをあげたいし、またこの中からカートレースに進む子やレーシングドライバーになりたいという夢を持ってもらえたら、うれしいですね」と語った。

 


ページを報告する

コピーしました

コピーしました