TAKUMA KIDS KART CHALLENGE2020

カート初心者からレースデビューを目指す(JAF国内ジュニアB、または、SLカデット以上のライセンス所持者は除く)小学生を対象として、全国のサーキットの協力のもと、北海道から沖縄まで全国27サーキット(昨年より2箇所増加)にて、6月から9月までの5か月間、TRIAL(講習会や予選会)を実施。参加人数は、延べ1,143人、タイムトライアル回数:4,791回となりました。

また、TKKCアカデミー卒業後のレース活動を支援する新たなプログラム「Glicoスカラシップ」制度をスタートし、2018年TKKCアカデミーで優勝した瀧口純輝さんをサポートしていただきました。

毎年恒例のファイナル大会に向けては、社会情勢を考慮しながら、スタッフ一同最後の最後まで協議を重ねてまいりましたが、「参加者、観戦者、関係者全ての方々の健康と安全を第一に」という考えのもと、非常に残念ではございますが「2020ファイナル大会」を中止とさせていただきました。ファイナル大会に勝ち上がった皆さんと佐藤琢磨が交流できるオンラインでのイベントは、11月28日(土)に開催しました。


     タイムトライアル     

2020年6月~9月にかけて、下記の対象サーキットにてタイムトライアルを実施。総勢1,143名の子供たちが参加し、延べ4,791回のタイムトライアルに挑戦していただきました。


      オンラインイベント(FINAL大会の代替)      

中止となったファイナル大会に代わって、ファイナルまで勝ち上がった子供たちと佐藤琢磨が交流できるオンラインでのイベントを開催、全国76名の子供たちと遠く離れながらもトークショーや質問コーナー、ビデオレッスンを通じて交流を深めました。


   ▶2020年11月28日(土)15:00 ~ 「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2020」


  スカラシップ  

TKKCアカデミー卒業後のレース活動を支援する新たなプログラム「Glicoスカラシップ」制度がスタートし、2018年TKKCアカデミー大会で優勝するなど優秀な成績を収めた瀧口純輝さんが鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)の2020年入校試験をクリア、SRSのカートプログラム(SRS-K)に参加することになり、その活動をサポートしていただきました。


   ▶江崎グリコ公式サイトにて「瀧口純輝さんレポート掲載」


ページを報告する

コピーしました

コピーしました